損をしないようにお金の知識はしっかり持とう

お金のことは学校ではあまり教えてくれません。

そういうことから社会人になって初めて直面することばかりでお金の知識をもっていないばかりに損をしてしまうことも多くあります。保険のことや貯金のこと、銀行や税金のことなど知らないと損をしてしまわないようにいつも学習して知識を増やすようにしておく必要性を感じます。所得税などは保険の支払いや住宅ローンの支払いなどによって控除があって減らすことができたりしますし、治療費なども健康保険に入ってさえいれば高額になっても限度額で済むことも多いので、安易に健康保険に入らずにいることはいざという時に大損をしてしまいます。

実際に父の病気で入院の時には利用させてもらいました。

また特に税金は脱税でなく節税の方法としていろんな制度があるのでそれを利用する手はありません。身近なところではふるさと納税などは実質節税といってもいい制度ですし、一気に利用する人も増え私もさっそくふるさと納税をしました。
低金利ローンはクレジットカードよりもすごい! ~ http://低金利ローンは.biz/

他には学生時代の国民年金の免除分を追納して、社会保険料の支払いを翌年の所得税控除に加算させたりと所得税を軽減させるように手続きをするなどしました。何かちょっとお金がかかりそうというときは、事前に調べるといろんな制度を利用することもできます。

それ以外でも銀行の金利の知識やローンの知識、また投資などより多くのお金の知識があればお得でゆとりを持つことができるのではないかと思います。

このページの先頭へ